皆さん、こんにちは。広報のmiyoです。

先日、Satokoさんの記事で少しご紹介していた
京都に出来る新店舗が、いよいよOPENまで1週間となりました。
HUGEにとっては20店舗目のお店であり、
メインブランドでもあるRIGOLETTOの10店舗目となります。

店の名前は、
   リゴレット スモーク  グリル & バー
RIGOLETTO SMOKE GRILL & BARロゴ

同じブランドでも、中目黒は「モロッコテイスト」、二子玉川は「SPICE」など
毎回異なるコンセプトで出店してきたRIGOLETTOですが
今回のテーマは、SMOKEです。

SMOKE(薫製)の技術はもともと、
長期間の保存を可能にするための調理法の一つでしたが、
食材を燻す、炙る、薫香をつけたりすることによって、
シンプルな食材の「うまみ」を引き出し、豊かな味わいを生み出します。

気になるメニューですが、少しだけお見せしますね。
例えばこちらは、マルサラ酒で煮込んだスペアリブを、仕上げに軽くグリルした一品。

  Sparerib_RSGB
 そして、こちらはエンパナーダ。
   Enpanada_RSGB(small)
そして、もちろんお馴染みの自家製手打ちパスタや窯焼きピザにも
「SMOKE」のエッセンスを散りばめてまいります。
PizzaDSC_0008-2



そして、もう一つ。
やはり、今回特筆すべきは、お店のロケーションです。
出店場所は京都・祇園の花見小路
map
社長からはじめて出店場所を聞いたとき、本当に驚きました。
大学4年間を京都ですごした私にとって、
京都・祇園、そして特に花見小路といえば、京都の中でも
最も伝統を重んじる、古きよき京都らしさを残す
由緒正しき神聖な場所、というイメージでした。

そのような場所に私達のRIGOLETTOが出店させてもらえるのは、
本当に有り難いチャンスであり、同時に大きな挑戦でもあります。


みなさんも足を運んでいただいたら、分かると思います。
お店に向かう、その道からストーリーがはじまります。

京都の繁華街、四条川原町から八坂神社に向かって歩き、
右手に現れる花見小路の看板。
花見小路3
花見小路を歩いていると、
日本人、そして外国人の観光客に混じって
舞妓さん、芸子さんが普通に歩いてる風景があります。
あまりに街に馴染んでいて、タイムスリップしたような気分に。
華m小路
さらに奥に進むと、人通りが少なくなります。
花見小路2
この角を左に曲がると、そこにRIGOLETTOがあります。
花見小路
これが、「RIGOLETTO SMOKE GRILL & BAR」の看板。
祇園の街にならって、シンプルでさりげないデザインです。
2看板

どんな店舗なのか・・
長くなってしまうので、それはまた次回のお楽しみにさせてください!

準備を進めていくうちに、スタッフの私達もどんどんワクワクするような
面白いお店が出来上がっています。
この場所に、どんなRIGOLETTOが出来るのか!?

みなさん、HUGEの新しいチャレンジをぜひ応援してください!

わたしも日曜には京都に入りますので
ラストスパートの準備の様子、ブログでまたレポートしたいと思います。

miyo