こんにちは、広報のmiyoです。
先日の技能コンテストの後編として、
ホール部門、キッチン部門の様子をご報告します。


まずは、ホール部門から。
こちらは、以前の記事でもご紹介したようなロールプレイング
出場者のサービス内容の順位を決めていきます。 
IMG_9014
メニューの提案の仕方、お皿のさげ方、ワインの注ぎ方など
サービスマンとしての基本的な部分の採点に加えて、
 次々と出てくる無理難題への対応も評価対象です。

「私たまごアレルギーなんですよね」
「ちょっと、、虫が入ってるんですけど!」
「すいませーん、さっき注文したメニュー変えていいですかー」

日常の営業中にめったに起きないような、
でも現実的なアクシデントが、次々と出場者を襲います・・・。
高いレベルでサービススキルを発揮するのは当然で、
さらに、こうした事態をどう切り抜けられるかが、腕の見せ所となります。

IMG_9201


IMG_9096
予選からかなりレベルの高い戦いでしたが、
そんな中、難関を勝ち抜いた3名が、決勝に駒を進めました!!

決勝では、さらに厳しい課題が提示されます。
テーマは、「新川社長テーブルと英語接客テーブルを同時担当する」です。
サービスの神様と言われている新川がいるテーブル、
それだけでも緊張するのですが、(わざと)無理難題をふっかけられます。
IMG_9446
さらに、同時に接客するのは、
英語しか話せないお客様のテーブル。
両テーブルを均等に満足させるのは、至難の業です。。
決勝に残った3名は、それぞれのサービススタイルで
誰が優勝してもおかしくないような接戦を繰り広げました。IMG_2450
そして、優勝したのが、RIGOLETTO BAR&GRILL(六本木)で働くAKIRAです。(一番左)
IMG_9472
 (決勝にすすんだ2人一番右:Hacienda del cielo Maezaさん、右から2番目:RIGOLETTO BAR&GRILL KOZUEさん)
今回の審査で、最も配点を高くした、
「またこの人に会いたいか」という点でも、AKIRAは高く評価されていました。
"抜群の安定力と安心感" "待たせても、絶対に満足させる!という自信"
"とっさの対応力”  "お茶目な反応" といった言葉で
彼のサービスは評価されました。
ちなみに、見ての通り、優勝者には旅行券20万円分が付与されます。


そして、キッチン部門も盛り上がりました!!
制限時間内に、決められたメニューをこなすというスタイルは、
さながら「料理の鉄人」そのもの。

決勝の食材は、「オマール海老」です。
制限時間内に、最低2品を完成させるというもの。
熱気沸き立つキッチンに、出場者の技術とアイデアが炸裂します!IMG_9220
審査員が見守る中、皆さん真剣な表情で、作り上げていきます。
IMG_9021
そして、制限時間内に作り上げた料理がこちら。個性豊かです。
IMG_9422
IMG_9433
IMG_9426
IMG_9421
こちらの料理を審査するゲスト審査員には、あの山田宏巳シェフを迎えました。
シェフが試食するところ、、緊張の瞬間ですね。
IMG_9442
キッチン部門、優勝したのはRIGOLETTO WINE AND BARのTAKAHITOです。
安定の技術と、料理のクリエイト力が評価されました!
IMG_9479
いつも一生懸命取り組んでいる仕事を、
こういった形でまわりから評価される喜びは、
明日への仕事の活力につながります。
また、普段は見ることのできない店舗のスタッフの頑張りに
刺激を受ける良い機会でもあります。
IMG_9512
繰り返しになりますが、このコンテストの対象はアルバイトです。
このイベントがきっかけで、アルバイトから社員になる人が
毎年多数いらっしゃいます。
1年に一度のビックイベント、来年はどんなスターが登場するか
今から楽しみです!