HUGEってどーなのよ?

株式会社HUGEのオモテからウラ?まで、スタッフの目線でご紹介するブログです!

カテゴリ: スタッフ紹介

こんにちは、広報のmiyoです。
先日の技能コンテストの後編として、
ホール部門、キッチン部門の様子をご報告します。


まずは、ホール部門から。
こちらは、以前の記事でもご紹介したようなロールプレイング
出場者のサービス内容の順位を決めていきます。 
IMG_9014
メニューの提案の仕方、お皿のさげ方、ワインの注ぎ方など
サービスマンとしての基本的な部分の採点に加えて、
 次々と出てくる無理難題への対応も評価対象です。

「私たまごアレルギーなんですよね」
「ちょっと、、虫が入ってるんですけど!」
「すいませーん、さっき注文したメニュー変えていいですかー」

日常の営業中にめったに起きないような、
でも現実的なアクシデントが、次々と出場者を襲います・・・。
高いレベルでサービススキルを発揮するのは当然で、
さらに、こうした事態をどう切り抜けられるかが、腕の見せ所となります。

IMG_9201


IMG_9096
予選からかなりレベルの高い戦いでしたが、
そんな中、難関を勝ち抜いた3名が、決勝に駒を進めました!!

決勝では、さらに厳しい課題が提示されます。
テーマは、「新川社長テーブルと英語接客テーブルを同時担当する」です。
サービスの神様と言われている新川がいるテーブル、
それだけでも緊張するのですが、(わざと)無理難題をふっかけられます。
IMG_9446
さらに、同時に接客するのは、
英語しか話せないお客様のテーブル。
両テーブルを均等に満足させるのは、至難の業です。。
決勝に残った3名は、それぞれのサービススタイルで
誰が優勝してもおかしくないような接戦を繰り広げました。IMG_2450
そして、優勝したのが、RIGOLETTO BAR&GRILL(六本木)で働くAKIRAです。(一番左)
IMG_9472
 (決勝にすすんだ2人一番右:Hacienda del cielo Maezaさん、右から2番目:RIGOLETTO BAR&GRILL KOZUEさん)
今回の審査で、最も配点を高くした、
「またこの人に会いたいか」という点でも、AKIRAは高く評価されていました。
"抜群の安定力と安心感" "待たせても、絶対に満足させる!という自信"
"とっさの対応力”  "お茶目な反応" といった言葉で
彼のサービスは評価されました。
ちなみに、見ての通り、優勝者には旅行券20万円分が付与されます。


そして、キッチン部門も盛り上がりました!!
制限時間内に、決められたメニューをこなすというスタイルは、
さながら「料理の鉄人」そのもの。

決勝の食材は、「オマール海老」です。
制限時間内に、最低2品を完成させるというもの。
熱気沸き立つキッチンに、出場者の技術とアイデアが炸裂します!IMG_9220
審査員が見守る中、皆さん真剣な表情で、作り上げていきます。
IMG_9021
そして、制限時間内に作り上げた料理がこちら。個性豊かです。
IMG_9422
IMG_9433
IMG_9426
IMG_9421
こちらの料理を審査するゲスト審査員には、あの山田宏巳シェフを迎えました。
シェフが試食するところ、、緊張の瞬間ですね。
IMG_9442
キッチン部門、優勝したのはRIGOLETTO WINE AND BARのTAKAHITOです。
安定の技術と、料理のクリエイト力が評価されました!
IMG_9479
いつも一生懸命取り組んでいる仕事を、
こういった形でまわりから評価される喜びは、
明日への仕事の活力につながります。
また、普段は見ることのできない店舗のスタッフの頑張りに
刺激を受ける良い機会でもあります。
IMG_9512
繰り返しになりますが、このコンテストの対象はアルバイトです。
このイベントがきっかけで、アルバイトから社員になる人が
毎年多数いらっしゃいます。
1年に一度のビックイベント、来年はどんなスターが登場するか
今から楽しみです! 

Hola! Satokoです。

やってきました、この季節。
秋といえばHUGE技能コンテストです!


「HUGE技能コンテスト」とはホール・キッチン・バーの3部門に分かれ
アルバイトスタッフの皆さんにそれぞれのスキルを競って頂くコンテストです。
筆記試験の予選を経て、やっと本選の実技に進むことができます。
HUGEには現在700名ものスタッフの皆さんに在籍して頂いているので、
予選を勝ち抜くのも大変なんですよ。

HUGEではこのようにアルバイトスタッフの皆さんにも活躍して頂ける
ステージを設けています。
毎年このコンテストから新たなスターが誕生しているので全社員楽しみにしているイベントです。
このコンテストでの結果が自信となって、社員にステップアップするスタッフも多くいるんですよ。
ちなみに以前ご紹介させて頂いたHacienda del cieloFuyuki
このコンテストの昨年のバー部門の優勝者です。

今回の模様を私とMiyoでレポートさせて頂きますね!


私からはバー部門のレポートを!
バー部門のゲスト審査員はDAZZLEのオープニングスタッフで、現在はニューヨークにある
Saxon+Paroleでヘッドバーテンダーとして活躍しているMASA君です。
MASA君はシーバスリーガルの世界カクテルコンペティションで優勝するなど、
世界で活躍しているバーテンダーです。
IMG_2015

緊張感の漂う開会式後、すぐに実技審査に入ります。
実技でも予選と決勝があり、最終3名のスタッフに絞り込まれます。

早速実技スタート!
緊張からかみんなメジャーカップを持つ手が震えていました。
そんな姿を見て私たち審査員もドキドキ、緊張。
IMG_2073
トップバッター RIGOLETTO WINE AND BARのKENJI
IMG_9123
沖縄のPOSILLIPO - cucina meridionale-からも参戦!TAKAO

お客様役をする審査員からはお酒のことや料理のこと、そしてお店のことなど
矢継ぎ早に質問がとびます。
お客様と会話をしながらも、待たせてはいけません。
同時に物事を進めていくので、バーテンダーって改めて大変だなと痛感しました。


決勝にはこの3名が進出しました!
「スパイス&ハーブ」をテーマにフレッシュフルーツを使いながら、
オリジナルのカクテルを作ります。
IMG_9054
◆女性唯一の参加者 RIGOLETTO BAR AND GRILLのTOMOKA
TOMOKAのソフトで安心感のある接客に男性審査員は全員虜に!
IMG_9206
◆RIGOLETTO spice marketのTAKUTO
これぞRIGOLETTOという元気と明るさで会話を盛り上げてくれました!
IMG_9263
◆RIGOLETTO WINE AND BARのYOSHI
落ち着いた丁寧な接客の中にドリンクやお客様に対する熱い思いを感じました。

優勝は、RIGOLETTO spice marketのTAKUTOでした!
お客様との距離感、会話、ドリンクのクオリティどれも素晴らしかったです。
IMG_9494

今回の審査には「またこの人に会いたいか」ということも大きな要素として取り入れました。
でもわたし正直に言うとどのスタッフにももう一度会いたいって思ったんですよほんとに。
お客様を楽しませようという、どのスタッフにも共通するHUGEらしい明るさや日々の努力が垣間見えたり、
とにかくみんなすごくいい笑顔で輝いてました。
悔しい思いをしたスタッフもいたと思いますが、やっぱりみんないい顔してる!
あぁHUGEのスタッフって最高だなとちょっとうるっときた一日でした。

次回はホール、キッチン部門をMiyoからレポートさせて頂きますね。


Satoko 

こんにちは。Satokoです。
このblogを始めてあっという間に3ヶ月経ちました。
見てるよ!と声をかけて頂くと嬉し恥ずかし、そして頑張らねばと身の引き締まる思いです。

さて今日はHUGEの中でも最も大きな店舗であるRIGOLETTO BAR AND GRILL
レセプショニストにスポットを当ててご紹介させて頂きますね。
このお店は入り口に13メートルもの大きなバーカウンターがあり、毎日外国籍の方を中心に
たくさんのお客様で溢れています。
(もうほんとここだけ異国です!せひ体験して頂きたいです)
無題
そして、活気溢れるメインダイニング、キッチンのライブ感が味わえるシェフズテーブル、
東京タワーを眺めることのできる個室など大型店ならでは、様々なシーンで
楽しで頂くことができるレストランです。

そんなRIGOLETTO BAR AND GRILLのレセプションを任されているのは
今回ご紹介させて頂くMisuzuさんです。
私も個人的によく食事に行きますが、どんなときもとびきりの笑顔で迎えてくれる
Misuzuさんのおかげでいつも気持ちよく食事がスタートできるんですよ。
P1011292
MisuzuさんがHUGEの仲間になってくれたのは今から5年前。
同じく六本木ヒルズにある新-ARATA-がちょうどオープンするタイミングでした。
アメリカから帰国後、英語を使える仕事がしたいと接客業の仕事を探していた時に、
ちょうど新-ARATA-の求人を見つけました。
新-ARATA-のほかにも飲食店の面接を受けたそうですが、働きたいと意欲を掻き立てられたのが
唯一新-ARATA-だったそうです。
元々はホールスタッフを志望していたそうですが、未経験ながらレセプションの担当になりました。
そこから店長や周りのスタッフのサポートもあり、新-ARATA-での経験を経てスカイツリーにある
RIGOLETTO ROTISSERIE AND WINEのオープンからレセプションとしてお店を立上げ、
今年の4月からお店は異なりますが古巣である六本木ヒルズに戻ってきてくれました。

レセプションというと電話対応やお席までのご案内というのが
ぱっと思い浮かぶ仕事内容かもしれませんが、実はその裏には隠れた色んな仕事があるんです。
予約を頂いてるお客様はもちろんですが、ウォークインでご来店いただいたお客様にも
そのお客様のご希望を短時間で見極め適正なお席をご用意します。
初めてのご来店なのか、またどんなシーンでご利用なのか、わずかな時間でお客様の情報をつかみ、
席を決めてご案内する。そしてその情報を担当ウェイターに引き継ぐ。
その情報はとても重要で、それによってウェイターのお客様へのファーストアプローチも変わってきます。
奥が深いですよね。
P1011279
今HUGEでは、各店舗のレセプショニストが集まり、日々の営業で起きたことをケーススタディーしたり、
情報共有を行う「レセプション会議」というものを定期的に行っています。
Misuzuさんはこの会議ではリーダーとして後輩の育成にも取り組んでいます。

店舗を超えてのコミュニケーションを取ることで、レセプショニスト同士のつながりを深いものにして
細かい情報をシェアしたり、よりよいオペレーションにできるよう改善したり、色んなことに取り組んでいます。
「もっともっとレセプションという立場から発信していきたいんですよね!」とMisuzuさんはいつもの
笑顔で答えてくれました。

ぜひご来店された際は、HUGEの素敵なレセプショニストたちにもご注目くださいね!


012
   店舗情報   
RIGOLETTO BAR  AND GRILL
リゴレット バー アンド グリル
[TEL] 03-6438-0071 
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク 5F
http://www.rigoletto.jp/

 

Bonjour!
Satokoです。

またまた今度はフランス語での挨拶になりましたが、
フランスと言ったら食の宝庫。
実はHUGEにもカジュアルフレンチのお店が1店舗あるんです。

今年の10月でもう4年目を迎えます。
今日はそんなBRASSERIE Dの魅力をお伝えしたいなと思います。

BRASSERIE Dの一番の魅力といったら、何と言ってもシェフのNaoさんが作る
季節の素材を生かした美味しい料理の数々!
いつもメニューを見るだけでとってもわくわくします。

その中でも私のおすすめメニューは「シャルキトリープレート」。

unnamed (1)


実は私フォアグラが少し苦手だったんです。
でもこの「鴨とフォアグラのテリーヌ」を食べてびっくり!すっかり上司の分まで頂いちゃいました。
(今このblogを書いていても、生唾ゴクリです・・・!)
自信を持ってお勧めできる一品です。ぜひ召し上がってくださいね。

BA2U2569

そんなステキな料理を生み出すNaoさんは元々DAZZLEのスーシェフを務めた後、
このBRASSERIE Dの立上げからシェフとしてお店を支えてくれています。
Naoさんが料理で大事にしているのは、食材をきちんと扱うこと。
素材の鮮度をいかに落とさず、またその持ち味をいかに最大に生かせるか。
それには出汁を取るにも、魚を捌くにも、丁寧に下処理をすることだとNaoさんはおっしゃいます。
食材に向き合い、それを大事に扱う、Naoさんの食に対する深い愛情を感じます。

BRASSERIE Dに限らずですが、HUGE全店では「NO MSG」に取り組んでいます。
NO MSGとは、うま味成分の主成分であるグルタミン酸ナトリウムを使用していないってことなんです。

グルタミン酸ナトリウムに関しては、良し悪しに関して様々な見解があり曖昧な点が多いです。
私たちは、体に悪いからやめるということではなく、素材本来の味を味わって頂きたい為
使用しないことを徹底しています。

ちなみに先ほどご紹介したシャルキトリーのパテ・ド・カンパーニュやテリーヌもお店で手作りしています。
ドレッシングやソースも同様に、トマトソースにしてもマヨネーズにしても一からお店で作っているんですよ。

愛情を込めて作った料理こそが人の心動かすと私も感じています。
そんなレストランに出会った時って本当に心から幸せですよね。

HUGEのレストランも皆さんにとってそんな存在になりますように・・・!


d

Au revoir!
 
Satoko


bsd_003_a

      店舗情報      

D -brasserie & sweetroom-
ディ -ブラッセリー&スウィートルーム-
http://d-brasserie.com/

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-3 
日本橋室町野村ビルYUITO 3F
TEL : 03-3243-0115
FAX : 03-3243-0116

◆採用情報はこちら 

こんにちは。Satokoです。

先日Miyoの取材の取材に行ってきた私ですが、今回は同じく広報のJURIさんの取材に同行。
なにやら女性誌にうちのシェフが取り上げられる模様です。

取材先は、先月5周年を迎えたばかりの新-ARATA- 
実はオープンよりお店を支えてくれたシェフの登嶋さんが社内独立支援制度を使って
開業準備に入るため、9月1日からシェフが交代します。
そして、新たにお店を牽引することになったのがATSUSHIさんです。
(あっ!HUGEでは下の名前で呼び合うことがほとんどですが、普段呼んでいる呼び名と
同じようにこのblogでは書かせてもらいますね。)
P1011044

シェフともなるとこのようにお店の営業だけではなく取材の対応もします。
今日はATSUHIさんのオリジナルレシピを紹介するのでより一層気合が入っています!

P1011033
◆料理を作るシーンの撮影。カメラマンさんのリクエストにも対応します。

料理を作るまなざしは真剣そのもの。
職人気質漂うATSUSHIさんですが、実は異色の経歴の持ち主なんです。
出身は服飾の専門学校。(私服もおしゃれと女性スタッフの中でも評判なんですよ!)
学生時代に初めて飲食店でアルバイトを経験し、
その飲食店のおもしろさのとりこになったそうです。
仲間とのチームワークであったりお客様の反応、
そしてみんなで一緒にお店を成長させていくということ。
アパレル関連企業に内定をもらうもどうしてもその仕事をやっている自分がイメージできず、
内定を辞退し飲食の道へと進むことを決断しました。

その後は自分の料理の腕を磨くために複数の飲食店で経験を積みます。
1年間の期間限定と自分自身で決め、大阪の割烹料理店で修行をし自分の腕を磨いたこともありました。
その後次のステージを模索している中、昔の仲間が働いている新-ARATA-の評判を耳にします。
食事に行き、楽しそうに働いているなと感じたATSUSHIさんでしたが、決定打となったのはこのポスターでした。

d10c5e95

実はこれ3.11の東日本大震災後直後にHUGEが行ったことなんです。
"私達「レストラン屋」にできる事は、人や街を元気にすること。
今、自分達に何ができるのかを考えた結果、お店に来ていただいた方に、
楽しい時間を過ごしてもらい、心に元気を提供する事だと思いました。”

皆さんあの時のことを少し思い出してください。日本全体が自粛ムードに包まれてました。
ひとつの飲食店が街に向けてメッセージを送り、小さいことかもしれませんが、
街を元気にする・変えるきっかけになる。
このおかえりなさいのメッセージがATSUSHIさんの心を動かしました。
それから2年半、今度はシェフという新たなステージです。

「一緒にいるスタッフを守らないといけないという責任感を感じてます。」
シェフという大きな役割を背負う覚悟を感じました。

またやはり作る喜びもATSUSHIさんの原動力です。
休みの日は一人でも食べ歩いたり、市場に行ったり、まだ知られていない食材を
日々探し回っているそうです。

「枠にとらわれず作る楽しさや、色んなチャレンジをさせてもらっている気がします。
日本中の旨いものを集めて、楽しいが詰まっているレストランにしたいんです!」

そう力強く話すATSUSHIさんの料理が食べたくて、その日の夜早速食事に行ったわたしでした。

P1011101
◆店長の辻さんと一緒に。新しいタッグで新を盛り上げます!
unnamed (1)
◆5周年パーティーにて。いい仲間揃ってます!

Satoko

ARATA_001_2
   店舗情報   
和食ダイニング
新 ARATA

[OPEN] 
[月-木]11:00-翌1:00 [金/土/祝前日]11:00-翌5:00 [日/祝日]11:00-23:30
[TEL] 03-3478-5881
http://www.a-ra-ta.com/
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1  六本木ヒルズ ヒルサイド B2



◆採用情報はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ