HUGEってどーなのよ?

株式会社HUGEのオモテからウラ?まで、スタッフの目線でご紹介するブログです!

カテゴリ: 社内講習会

こんにちは、Satokoです。
あっという間に10月も目前。
京都のRIGOLETTOも順調に進んでいます。楽しみにしていてくださいね。

さて先日、年2回開催している「経営合宿」に参加してきました。
「経営合宿」とは代表の新川や役員の神山・前原が講師となり、
経営者になるために必要なチームビルディングや
リーダーシップ、損益分岐点や衛生などについて1泊2日の日程で学ぶ合宿です。
店長・チーフ対象の合宿もありますが、今回の対象者は
それぞれの店舗の店長やシェフの右腕となってお店を支えてくれているスタッフ。
店長やシェフが不在時はお店の運営をまかされていますし、次世代のマネージャー候補の皆さんです。
今回はこの合宿について、レポートさせて頂きます。

行き先は美しい富士山を眺めることができる山中湖のすぐ近く。到着後すぐに講義開始です!
新川からHUGEがテーマにしている「この街の鼓動が集まるレストラン」、
そのレストラン創りについての熱いセッションから始まりました。
P1011105
その後は打って変わって、店舗を運営するにあたって非常に重要な”数字”の部分です。
普段から店舗では、日々の日報や店舗会議などで数字に対しては共有していますが、
どこまで深く理解しているのか、個人差があるのも事実です。
改めて個人個人、自分自身で店舗を運営しているという経営者感覚を持ってもらう大事な講義です。
P1011115
損益計算書を見ながら、自身が働いている店舗の課題点を洗い出していきます。
その後グループワークでその課題点を改善するための具体的施策を話し合い
発表してもらいます。
ここで重要なのはその施策が理想ではなく、「必ず来月から実行できること」に限っています。

光熱費を下げるには?アルバイトスタッフを育てるにはどうしたらよいか?
それぞれのチームから具体的なアイディアが出てきます。
本当に実行できるのか!講師陣からも激が飛びます。
(余談ですがチーム名はそれぞれ好きな動物からチョイス。
ペンギンやパンダ、ライオンなどちょっとかわいいです 笑)
P1011140
数字や衛生などを学んだことを踏まえ、今回の合宿では最終各チームに、
「店を創る」をテーマに現在HUGE19店舗の中から1つ立地を選択してもらい
そこでどのような業態をやるのかプレゼンテーションしてもらいました。
提供するメニュー・客単価・原価・人件費、そして最終的に残る利益。
決めることは細部に渡ります。
2日目は早朝から集合し、みんなでアイディア出しをしていましたよ。
プレゼンではバルや蕎麦屋、はたまたベーカリーショップまで様々なアイディアがでました。
今回の最優秀チームは僅差でペンギンチーム!
ライブ感をテーマにしたシェフズテーブルがコンセプトでした。
P1011268
最後に講師陣からは日々意識や着眼点などまだまだ足りないと厳しい言葉もあり、
中には悔しさのあまり涙するスタッフも。
学んだことで満足するのではなく、その悔しさが今後の自分の糧になるぞ!という
新川の励ましに皆の顔もすっと晴れやかになっているような気がしました。
今回の合宿で学んだことを店舗に持ち帰って日々の営業に取り入れ、
そしてさらに強いチームを作ってくれると思います。

私自身も新な気づきが沢山生まれた合宿でしたし、一緒に学んだ皆と
また店舗で会えるのがとっても楽しみになりました。


◇◆おまけ◇◆
夜の楽しみは、なんといってもBBQ!新川自ら肉を捌き、肉を焼く!
そして当然のことながら料理人もたくさんいるので食事が本当に美味しい!
とっても贅沢な時間でした。
P1011156

P1011204
みんなお疲れ様でした!!


Satoko




b2742380
【オープニングスタッフ募集】
2014.11月京都・祇園に10店舗目のリゴレットがOPEN!
オープニングスタッフ募集詳細はこちら! 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!広報のmiyoです。
すっかり秋の気候になりましたね。

さて、今日はサービスについて。
HUGEの代表、新川はしばしば「サービスの神様」
という代名詞で、メディアなどでご紹介頂きます。

企業様から講演・セミナーのご依頼も頂戴しますし、
サービスに関するも出版しています。
弊社が運営するレストランでのサービスに対しても、
有り難い事に、良い評判も頂戴することが多いです。
しかし同時に、お客様の期待値が否応なしに高くなるのも事実です。
Shinkawa-photo6
  (HUGE代表取締役社長 新川義弘)

期待に恥じないサービスをご提供すべく、
HUGEスタッフたちも日々、努力をしているのですが、
同業の方をはじめ様々な方から、
「どんなトレーニングをしているか?」というご質問をよく頂きます。
このブログでは、HUGEサービスの秘密を少しずつお見せしたいと思います。


本日、ご紹介したいのは、「接客ロールプレイ」です。
文字通り、いつも行なっている接客を演じる訳ですが、
いつもと違うのは、スタッフ、店長、そして本部アドバイザーの
厳しい目の中で行う、という点です。
沢山の人に囲まれて
実際のロープレの様子。新丸ビルのRIGOLETT WINE AND BARにて

ある日のテーマは「仮説をたてたサービス」
リーダーの掛け声で、ロールプレイング開始です。
 
 「こういう仮説は、当てることが目的ではなく
 それを意識すること。お客様の満足度を上げていく為です!
 今日は練習の場だと思って、頑張って下さい!」
 

1回目 挑戦するのは RIGOLETTO WINE AND BARのYui君。
Yui
テーブルは、4人組の女性が女子会で来たという設定です。  
もちろん、お客さんを演じるのもスタッフ達。 
店長、チーフ、マネージャーを含む、たくさんのオーディエンスが
見守る中のサービス。こちらにも緊張が伝わってきます。 
Yuiさんロープレ
約5分間にわたって行なわれた最初のオーダーテイキングのロールプレイ。
一見すると滞りない良いサービスなのですが、
フィードバックタイムにはかなり厳しい言葉が飛び交います。
 
「いきなりビールってすすめたでしょ?それはない。」
「どんな仮説立てて、そうなったの?」
「ビールとカクテルっていう言葉が、自分の定型文になっていないか。」
「お客さんを乗せられない提案ばかりだった。」
「意気込みは伝わった」 

たくさんの指摘を受けたYui君ですが
それと同時に、キチンと良かった点も挙げられていましたし、
今夜の接客からこの経験が生かされると、意気込んでいました。 
 
 
2回目 挑戦するのは大手町La PesqueraのHiromiさん
ヒロミさん
ベテランのHiromiさんには、難しい設定のテーブルが用意されました。
とてもせっかちで、少し無理のあるオーダーをする男性客4名。
 ヒロミさん接客
さすがに見ているこちらが緊張してくるようなオーダーの数々。
ところが、当のHiromiさんはかなりリラックスした様子で臨み、
次々と繰り出される無理難題を笑いに変えていきます。
その場の空気まで、ガラッと変わってしまうような接客で終了!

これには、店長、チーフのみなさんも圧巻。
賛美の言葉が飛び交います。

このロールプレイ、普段のサービスで
どれだけ意識を高くしているかが如実に現れます。 
そして、見ているほうも
 こうした他の人の素晴らしいサービスぶりを見れるチャンスになります。
参加していたスタッフも、しきりにメモを取っていました。

 店長チーフ
左から RIGOLETTO WINE AND BAR店長:Satoshi、RIGOLETTO WINE AND BARスタッフJimmy
 ホスピタリティマネージャーJohn、
RIGOLETTO WINE AND BAR副店長Masaya

いかがでしたでしょうか。
サービスは無形のテクニックであり、
言葉にして誰かに伝えるのは、とても難しいですね。
だからこそ、先輩から言葉で指摘されるアドバイスは貴重です。

ちなみに、こちらは会社が設けたトレーニングでなく、
スタッフが自主的に始めて、そこから広がり、HUGEの文化となりました。

ロールプレイはあくまで疑似体験ですが、
理想を追求し、サービスの精度を上げていく良い手段の一つです。
これからもHUGEスタッフは、「愛されるサービス」を目指し、精進していきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは。広報担当のmiyoです。
記念すべき初投稿で、ちょっとドキドキしています。

「HUGEってどうなのよ?」の最初のテーマは、
ブログを担当する”SatokoとMiyo”になりました。
まずは、書いてる2人ってどうなのよ?という訳です。
いきなり自分たちのことで恐縮ですが、、
お付き合い頂けるとうれしいです。


Satokoさんのどんなところを取材しよう、、
そう思案していたところ、コチラ↓を発見。

ブログ使用

どうやら、今日はSatokoさんが
新しくアルバイトとして働いて頂く方に
Welcomeオリエンテーションを行なうようです。
これは早速、取材ネタが出来たようですね。

とり急ぎ、取材敢行です!


同じ本部で働いていても、他の人が実際にどんな仕事ぶりなのか
キチンと見る機会は中々ないので、私も興味津々です。
取材という大義名分のもと、アルバイトの皆さんに交ざって、
私もオリエンテーションに参加しました。

これから働く会社でのオリエンテーションということで、
やや緊張の面持ちで、席に着いた参加者の皆さま。

P1010981


Satokoさんが前に立ち、話し出すと一気に空気が和みます。
「みんなお店どうだった~?」
「ワイン好き?」
「沖縄行ったことある人はいる??」
「分からないことがあったらいつでも聞いてね!」

参加者に対して、どんどん話しかけて、会話しながら進行していきます。
2時間のセミナーですが、あっという間にすぎていきました。

P1010992



オリエンテーションが終了して、わたしが思ったこと。

「HUGEに入ってよかった!改めて、とてもいい会社だ!」

すでに働いている私でさえ、モチベーションがあがりました。
参加者にそう感じさせてしまうSatokoさんのセミナー、
こんな工夫がされていました。


◆DVDや写真をたくさん使って説明するので、飽きない!
◆ノリノリの楽しい音楽がHUGEらしさを感じさせてる!
◆料理やワインなどの説明が、とにかく美味しそう!
◆それを聞いていると、参加者はどんどんお腹が空いてくる。(関係ないか)
◆Satokoさん自身がHUGEが大好きなのが伝わる。うそをついていない感じ。
◆分からない顔をした人は見過ごさない。・・・etc
  

Satokoさん、採用担当にぴったりな人物だと
取材してみて、改めて思わされました。
オリエンテーションの中で、こんな説明がありました。

「HUGEが最も大切にしていること、
 それは明るさ・元気・アイコンタクト です。」

まさに、この言葉通りの人です。
HUGEの事が知りたかったら、彼女に聞いてみてください。
きっと、あなたもHUGEのファンになってしまうと思います。


さて、最後にこちらを載せて、終わりにしたいと思います。
オリエンテーションの最後にこっそり参加者の方に、
感想をインタビューした内容です。
Satokoさん,泣いていいですよ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ★Nさん(ホール)
 これまで幾つかの会社のオリエンテーションを受けてきたんですが、
 今までで一番親しみやすくて、楽しいセミナーでした!
 ぼんやりしたお店のイメージしかありませんでしたが、とても親近感が湧きましたし
 いい会社に入ったんだなぁと思いました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ★Yさん(ホール)
 今までやってきたアルバイトと違って、ちゃんとした会社で働けるんだ、という感じを受けました。
 社員の方や新川社長とも、関わりながら仕事が出来そうでワクワクします。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ★W君(キッチン)
 具体的に働くイメージが出来て、これから働くんだという実感が湧きました。
 それに、HUGEのお店が人気な理由が分かった気がしました。
 美味しい料理をつくりたい!という意気込みです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ★T君 (ホール)
 オリエンテーションを受けて、ここで働くのって楽しそうだなと思いました。
 ※「時給申告」のシステムを知り、自分に合っていると思ってモチベーションがあがりました。

※「時給申告」
 HUGEには能力給という制度があり、自己申告で時給を上げるというシステムがあります。 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


以上です。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ